湯道おすすめの湯屋

湯道おすすめの温泉、銭湯などの湯屋です。
地図のピンをクリックすると、
該当の湯屋が画面最上部に表示されます。


電気湯 銭湯

京成電鉄押上線の京成曳舟駅から徒歩5分。2022年で創業100年。当時は電気で沸かしていたから「電気湯」。
いまはガスで沸かしているけど「電気湯」。電気風呂はないけど「電気湯」。逸話に事欠かない銭湯。
開店前から常連客が外に並び、街の人に愛されていることがわかる。
ときに120℃にも達するサウナと水風呂も併設している。

〒131-0046 東京都墨田区京島3丁目10−10
定休日 土曜日
営業時間 15:00〜23:00(最終受付22:30)
サウナ受付 -21:30
大人 480円
小学生 180円
乳幼児 80円
サウナ 200円(タオル1枚付)
URL:https://denki-yu.studio.site/

URL:https://yu-do100.jp/hotel/63a/

志楽の湯 温泉

JR南武線矢向駅から徒歩5分。オーナーの柳平彬さんが住宅街の工場跡地を縄文天然温泉としてオープンさせた。平屋建てで延べ床面積は約1700m²。まがたま形状の水風呂、120年前に製作された味噌樽を湯船にした「味噌樽風呂」など、ユニークな風呂を数多く設置している。川崎矢向は縄文の森だった場所。露天風呂に配置された木や石は、一つひとつの形状や場所にまでこだわっている。こうした努力により、古の時代の「縄文の森」の雰囲気を取り戻した。

〒212-0024 神奈川県川崎市幸区塚越 4-314-1
TEL : 0120-650-711
URL : www.shiraku.jp
営業時間: 10時~24時 無休
料金:
大人(中学生以上)平日990円(税込) 土・日・祭日1,170円(税込)
子供(5歳以上)平日600円(税込) 土・日・祭日805円(税込)

URL:https://yu-do100.jp/hotsprings/62a/

  • 宿泊
  • 日帰り

上の湯 銭湯

JR桐生駅近くにある昭和初期創業の老舗銭湯。笹倉幸一さんと妻の文子さんが親族から経営を引き継いだのは約40年前。以来、夫婦二人三脚で湯を守り、街の人々に愛されてきた。ところが2021の2月、幸一さんが病に伏したため文子さんは廃業を決意。上の湯の灯火が消えようとしたとき「継がせてほしい」と手を挙げたのは、孫の美紅さんとボーイフレンドの津久井篤さんだった。ふたりの行動力により、2021年7月にリニューアルオープン。「家族みんなで入れる風呂」を目指し、湯はぬるめの42°C。

〒376-0023 群馬県桐生市錦町1-8-11
TEL : 0277-43-8656
URL : https://twitter.com/uenoyu_kiryu
料金:大人400円 小学生180円
営業時間:14:00〜21:00
定休日:月曜日

URL:https://yu-do100.jp/publicbath/61a/

  • 日帰り

中禅寺 金谷ホテル 温泉

JR日光駅からクルマで30分、標高1271mの場所にある中禅寺湖。明治時代には、外国人に人気の避暑地だった。中禅寺金谷ホテルは1940(昭和15)年に創業。現在の建物は力ナダ人建築家が手がけ1992(平成4)年に完成したもの。伝統のフランス料理と温泉が同時に楽しめる。ホテル本館の外観に合わせてロッジ風の佇まいにした温泉棟には、ガラス張りの内湯と、森の隙間から湖が見える露天風呂がある。12kmも離れた奥日光の元湯から硫黄泉を引き込むも、湯は60℃の高温を保つ。それゆえ加水した上での掛け流し。

〒321-1661 栃木県日光市中宮祠2482
TEL : 0288-54-0007
URL :https://www.kanayahotel.co.jp/ckh/
営業時間
・ご宿泊のお客様 5:30〜9:30、13:00〜24:00
・立ち寄りでご利用の場合 13:00〜15:00
入浴料
・ご宿泊のお客様 無料
・立ち寄りでご利用の場合 大人/¥1,300 小学生/¥600
宿泊料
¥34,418〜(2名1室利用時、1泊2食付)

URL:https://yu-do100.jp/hotsprings/60a/

  • 宿泊
  • 日帰り

yubune 銭湯

広島空港からクルマで1時間、世界的なサイクリングロード『しまなみ海道』の途中に位置する人口約9000人の生口島。Azumi Setodaの宿泊者はもちろん、地元の人も利用する銭湯。yubuneは宿泊施設も兼ね備えており、畳敷のリビングを備えた客室は、サイクリストや家族連れが快適に過ごせるよう工夫されている。

〒722-2411 広島県尾道市瀬戸田町瀬戸田269
TEL : 0845-23-7911
URL : https://azumi.co/yubune
営業時間:10:00 〜 20:00
利用料金(銭湯):宿泊者:無料 大人:900円 子供:450円(税・サ込)
※回数券割引あり
※GW、8月、年末年始は、特別料金設定
利用料金(宿泊):¥22,000~(1泊1室、銭湯入浴料・朝食込、サービス料別)

URL:https://yu-do100.jp/publicbath/59a/

  • 宿泊
  • 日帰り

博多温泉 元祖元湯 温泉

博多駅からクルマで約15分。湯は塩化物泉。県内有数の湯量と熱さを誇る。入場料金で何度でも入浴可能なため、早い時間ほど入浴料が高く、遅い時間は低く設定される。男湯、女湯ともにこぢんまりとした浴槽がひとつずつ。49°Cの源泉が時折、浴槽に勢いよく噴き出す。思わず声をあげてしまうほどワイルドな仕組みだ。加水は行われていないので、当然ながら熱い。3分で身体は真っ赤になるのだが、体内の毒素が抜けたような心地よさを覚える。実際、湯治目当てで訪れる客も多く、2階は休憩所になっている。

〒811-1311 福岡県福岡市南区横手3−6−18
TEL : 092-591-6713
営業時間:13:00~18:00
定休日:毎週木曜日
入浴料:13:00~15:00 600円、15:00~17:00 500円、17:00~18:00 400円

URL:https://yu-do100.jp/hotsprings/58a/

  • 日帰り

ローマの泉 温泉

JR帯広駅からクルマで約5分の場所。開業当時の施設をそのまま守るノスタルジックな雰囲気を湛えた共同浴場で食堂も併設する。昭和の匂いが残る受付の先の通路に、カラオケボックスのように14の家族風呂が連なっている。うち、3室のサウナ付き浴室には、モール泉と水風呂、ふたつの浴槽がくっついている。炭酸や硫黄などの成分を含むアルカリ性単純温泉で、効能は神経痛や筋肉痛など。常連だけでなく全国からサウナーも集う人気スポット。

〒080-0809 北海道帯広市東9南12
TEL : 0155-25-5202
URL : http://ro-ma.jp
TEL:0155-25-5202
営業時間:11時~23時
休み:第2水曜(1月、8月、12月は無休)
料金:
ファミリーサウナ(60分)1室2,000円 ※延長10分毎 350円
ファミリーバス(60分) 大人650円/小学生270円/幼児110円
※公衆浴場「ローマノ福の湯」を併設 

URL:https://yu-do100.jp/hotsprings/57a/

  • 日帰り

神水公衆浴場 銭湯

JR熊本駅からクルマで約15分、熊本市電「神水交差点駅」徒歩3分、国道57号沿いにある小さな銭湯。開業したのは2020年夏の終わり。全国の銭湯が次々と廃業してゆくこの時代に、純粋な銭湯がゼロから誕生したことは奇跡に等しい。美しい木造建築にガラス張りの外観は、まるでカフェのよう。浴場の壁には、銭湯のペンキ絵に代わって熊本の景勝地・江津湖や阿蘇の風景が描かれている。運営は黒岩家の家族によって行われており、家族の笑い声と木の温もりが絶えない、穏やかな市民の憩いの場である。

〒862-0954 熊本県熊本市中央区神水2-2-18
TEL : 050-1258-1556
営業時間:16時〜20時
定休日:火、木、金
料金:一般 350円、子供(中学生未満)100円

URL:https://yu-do100.jp/publicbath/56a/

  • 日帰り

御宿 竹林亭 温泉

佐賀空港からクルマで約50分、湯の町情緒が漂う温泉街から少し離れた場所にある御船山に隣接した静かな宿。時の領主・鍋島茂義が、神の住まう御船山の断崖を借景に15万坪の池泉回遊式庭園を造ったのは1845年。その広大な敷地内に存在する竹林亭は、わずか11の部屋しかもたない。その恵まれた眺望と起伏に富んだ地形を生かすため、客室の間取りはすべて異なる。
なかでも、湯の道を邁進する者には「梧竹」と名付けられた部屋を薦めたい。佐賀出身の書家・中林梧竹にちなみ、露天風呂はもちろん、月見台や専用散策路まで有している特別に設えられた和洋室。

〒843-0022 佐賀県武雄市武雄町大字武雄4100
TEL : 0954-23-0210
URL : https://www.chikurintei.jp
料金:¥58,850〜(1室2名利用時1名料金)

URL:https://yu-do100.jp/hotsprings/55a/

  • 宿泊

鶴亀の湯 銭湯

JR気仙沼駅からクルマで約10分の場所にある気仙沼市魚市場。朝7時から営業する市場の前にあるのが「鶴亀の湯」だ。一般入浴も可能だが、漁船員を優先。銭湯の番台の役割も担う「鶴亀食堂」には、漁師と観光客が入り混じり、交流の場になっている。元気な声と笑顔が訪れる人を、あたたかく迎える。

〒998-0037 宮城県気仙沼市魚市場前4-5みしおね横丁
TEL : 0226-25-8834
URL : https://kesennuma-tsurukame.com
時間:07:00〜15:00
定休:日曜日※銭湯は冬季休業あり。事前にお問い合わせください。
料金:大人440円 中人(小学生以下)140円 小人(未就学児)80円
※漁船員の方は、問屋さんから配られる風呂割引券があれば240円になります。

URL:https://yu-do100.jp/publicbath/54a/

  • 日帰り

星野リゾート トマム 温泉

新千歳空港からクルマで約1時間40分、道央を代表するリゾート。期間限定でオープンする「氷のホテル」は1日1組限定の特別なもの。白樺の森に囲まれた直径7メートルの「氷の露天風呂」が魅力。中央に浴槽が設置され、周囲を氷のブロックで囲うという設え。湯の沢温泉から汲み上げ、絶妙の温度に仕立てられた湯が、凍えた身体を優しく抱きしめる。

〒079-2204 北海道勇払郡占冠村字中トマム
TEL : 0167-58-1111
URL : https://www.snowtomamu.jp
対象:リゾナーレトマム、トマム ザ・タワー宿泊の方限定
料金:¥28,000 円〜 (氷のホテル/最大2名、1泊1名料金)
※「氷の露天風呂」は冬季のみ。2021年の営業は終了。次回は22年1月中旬オープン予定。

URL:https://yu-do100.jp/hotel/a53/

  • 宿泊

倉真赤石温泉 温泉

JR掛川駅からクルマで約30分。山道を進んでいくと、突如ポツンと出現する「倉真赤石温泉」。五色にも変化するという稀有な温泉を求めて、遠方から多数の温泉マニアが集う。家庭のリビングのような休憩場では、源泉を利用した料理も提供されている。「とろろ月見そば」や、名物の「温泉たまご」は必食。身体の内からも健康になれる場所だ。

〒436-0341 静岡県掛川市倉真5984-1
TEL : 0537-28-1126
時間:11:00〜17:00(日帰りのみ)
定休:年中無休
料金:1,100円
※現在は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、完全予約制、土日祝のみの営業、静岡県民のみ入浴可能。また、食事の提供も休止している。

URL:https://yu-do100.jp/hotsprings/51b/

  • 日帰り

アマン東京 その他

アマン初の都市型ホテルとして2014年にオープンした「アマン東京」。高層ビル内にわずか84室が設けられ「静寂のサンクチュアリ」がテーマになっている。合計2,500㎡にもおよぶウェルネス施設、アマン・スパには、フィットネスジムや30mプール、ヨガスタジオ、ピラテススタジオも備えられ、東京で営業するホテルにおいて最大級の大きさとなる。

〒100-0004 東京都千代田区大手町1丁目5-6 大手町タワー
TEL : 03-5224-3333
URL : https://www.aman.com/ja-jp/resorts/aman-tokyo
・宿泊料金:¥113,850〜
 (デラックスルーム 1泊1部屋料金)
・アマン・スパ営業時間:8:00〜22:00
 (※温浴施設の利用は、宿泊者と一部スパメニュー利用者のみ。)

URL:https://yu-do100.jp/publicbath/50a/

  • 宿泊

鹿の湯 温泉

1390年の歴史を誇る那須温泉の「鹿の湯」は、松尾芭蕉の「奥の細道」にも登場する東の名湯。「鹿の湯」の名の由来は、傷ついた鹿がこの湯で傷を癒やしていたことから。1936年建造の建物は、昭和初期にタイムスリップしたかのような気分を味わえる。泉質は硫黄泉で、白濁した湯が特徴。6つの浴槽はすべて温度が異なる。手前のふたつが41℃と42℃。普通なら適温だが、ここでは最もぬるい。奥へ進むに従い、43℃、44℃と高温になり、奥のふたつは実に46℃と48℃。※女湯の温度は、最高46℃まで。石鹸やシャンプーは泡立ちにくく、滑る危険もあるので使用禁止である。日帰り湯治のような使い方をする人が多いが、周辺に宿も多くある。

〒325-0301 栃木県那須郡那須町湯本181
TEL : 0287-76-3098
URL : http://www.shikanoyu.jp/
時間:08:00〜18:00
定休:年中無休(但し、設備改修のため、休日有り)
料金:大人 500円 小人(小学生)300円 幼児無料 
湯治体験半日券 土日祭日1,500円 / 平日1,200円
回数券(5枚つづり)2,000円

URL:https://yu-do100.jp/hotsprings/49a/

  • 日帰り

アートビオトープ那須 温泉

那須塩原駅からクルマで30分、那須山麓の自然の中にたたずむリゾート。「来るべきアートのための小さな苗床」となるべく、美しいレジデンスとヴィラ、カフェ、スタジオなどで構成されている。吹きガラスなどのワークショップ体験に加え、那須の自然を感じるサイクリングなどのアクティビティも心地いい。自然とアートに癒やされ、感性を刺激される。

〒325-0303 栃木県那須郡那須町高久乙道上2294-3
TEL : 0287-74-3300
URL : https://www.artbiotop.jp/
料金:¥58,080〜(VILLAタイプ、1泊2食付き1名料金/税・サービス料込み)

URL:https://yu-do100.jp/hotsprings/48a/

  • 宿泊

葉山加地邸 その他

海を見下ろす葉山の別荘地にある「加地邸」。三井物産の重役を務めた加地利夫の別荘として90年以上も前に建てられ、近年まで親族が使用してきた。幾何学的な家具など、ライトの流れを汲む遠藤新の特徴がよく表れている。リノベーションを経て、10月から民泊事業を開始。。リノベーションの図面を引いたのは、隈研吾氏に師事し、デンマークで数々のプロジェクトを成功させた新進気鋭の建築家、神谷修平さん。彼が注目したのは地下にあった倉庫。ここに日本らしい風呂を設えることで、新しい遊び心を加地邸に注入した。高い天井から降り注ぐ光と目の前に広がる緑が、風呂をリラグゼーションの装置に変える。

〒240-0111 神奈川県三浦郡葉山町一色1706
URL :https://kachitei.link/
・一棟貸し
・定員6名
・2泊:¥429,000〜 ※料金は季節によって変動。
・お風呂は、宿泊者のみ利用可。

URL:https://yu-do100.jp/homebath/47a/

  • 宿泊

白根館 温泉

JR身延線「下部温泉駅」から奈良田温泉行きバスで約1時間10分、南アルプスの麓にある山深い小さな集落が奈良田だ。「民俗学の宝庫」と称されるほど、独特な文化がのこり、奈良時代に孝謙天皇が行幸した際、八幡社に願掛けしたら温泉が湧いたと言う伝説がのこる。総檜造りの内湯2つと木と岩造りの露天風呂があり、日毎に男女交替制となっている。100%源泉掛け流しの含硫黄ナトリウム塩化物泉。壁の向こうに連なる山の端を目でなぞりながら、絶妙の温度の湯に浸かっていると、身体にツルツルのコーティングを施しているような気分になってくる。東京からおよそ4時間を費やしても、ここに浸かりに来る価値はある。

〒409-2701 山梨県南巨摩郡早川町奈良田344
TEL : 0556-48-2711
URL : http://www.nukuyu.com/shiranekan/
料金 :1,000円(税込/一般)
時間 :10:30~16:00まで (最終受付は15:30〆)
休館日:不定期 *お電話またはホームページにてご確認ください。

URL:https://yu-do100.jp/hotsprings/46a/

  • 日帰り

黄金湯 銭湯

JR錦糸町駅から徒歩6分、ヒロコレッジの高橋理子さんの総合プロデュースにより、2019年8月にリニューアルオープンしたばかり。ほしよりこさんによる絵巻物風の銭湯絵も必見!営業時間も10時〜24時半と異例の長さ。サウナの利用には男性+500円、女性+300円が必要となる。週に一度だけ、男女の浴槽が入れ替わるので、サウナ好きの女性は水曜を狙うべし!

〒130-0012 東京都墨田区太平4丁目14−6 金澤マンション 1F
URL : https://koganeyu.com/
<営業時間>
平日・日曜・祝日 : 10:00-24:30
土曜日 : 15:00-24:30
定休日 : 第二・第四月曜日
※水曜のみ男女入れ替え日
<料金>
大人470円 中学生370円 小学生180円 幼児80円
サウナ(平日)女性 300円 / 男性 500円 サウナ(土日)女性 350円 / 男性 550円
貸しタオル セット 200円

URL:https://yu-do100.jp/publicbath/44a/

  • 日帰り

地域間交流施設 金桁温泉 温泉

JRあまくさみすみ線、波多浦駅から約2.5kmの位置にある金桁温泉の新施設。世界文化遺産に登録されている「三角西港」からも、クルマで約10分の距離。地域の人たちの交流が生まれる場所になることを目的に、2020年7月にオープン。特徴的な外観の、連続した三角の屋根は、この三角町を連想させるとともに、“つながり”を表現したデザイン。泉質は冷鉱泉。刺激が少なく癖のない、親しみやすい湯だ。

〒869-3204 熊本県宇城市三角町中村381−2
TEL : 0964-53-0303
URL : https://www.city.uki.kumamoto.jp/q/aview/373/16775.html
営業時間:10:00-19:00(最終受付 18:30)
閉 館 日:毎週火曜日・水曜日(祝日にあたる時は翌)
入 浴 料:大人(中学生以上) 300円 子ども(小学生) 150円 未就学児 無料

URL:https://yu-do100.jp/hotsprings/43a/

  • 日帰り

夢花 温泉

伊豆急・伊豆熱川駅よりクルマで10分、眼下に青い海が広がる一軒宿。すべての部屋と風呂から海を見渡せ、空気が澄んだ日には海の向こうに伊豆諸島が浮かぶ。1日1組限定、半田満さん・宣子さん夫婦がふたりで切り盛りをしている。養護学校に勤めていた宣子さんのこだわりで、全館バリアフリー。温泉は源泉かけ流し、泉質はナトリウム・カルシウム塩化物・硫酸塩温泉。

〒413-0304 静岡県賀茂郡東伊豆町白田1733-60
TEL : 0557-23-2031
URL : http://yumehanayado.sakura.ne.jp/
料金:¥19,800〜(1泊2食付き、2名1室利用時の1名料金)

URL:https://yu-do100.jp/hotsprings/42a/

  • 宿泊

尻焼温泉 温泉

群馬県中之条町を流れる長笹沢川の一部に設けられた、大自然の露天風呂。川底から湯が沸き出して尻が焼かれる様な感じから「尻焼温泉」と名が付いた、と言われている。源泉が川底に数カ所あり、それをせき止め入浴場としている。泉質は塩化物泉、硫酸塩泉。「傷の湯」や「中風の湯」と言われ、高血圧症や動脈硬化症、打身や切り傷、火傷、痔疾、捻挫にも良い。

〒377-1701 群馬県吾妻郡中之条町大字入山
TEL : 0279-75-8814(観光協会)
URL : https://nakanojo-kanko.jp/kuni/hotsprings/%E5%B0%BB%E7%84%BC%E6%B8%A9%E6%B3%89/h
料金:無料

URL:https://yu-do100.jp/hotsprings/41a/

  • 日帰り

奈良屋 温泉

草津温泉のシンボルとして、中心地に位置する「湯畑」から徒歩2分。好立地に位置する、創業明治10年の老舗宿。草津温泉に「湯守」が生まれたのは江戸時代。温泉(源泉)の管理人として、土地の領主から「湯守」の地位が与えられたことが始まり。何代にも渡る「湯守」の技や想いは先代から後輩へと伝承され、今もなお日本の伝統文化として、ここに息づいている。

〒377-1711 群馬県吾妻郡草津町草津396
TEL : 0279-88-2311
URL : https://www.kusatsu-naraya.co.jp/
【宿泊】
料金:¥27,500円〜(1泊2食/2名様1室利用時)
【日帰り入浴】
時間:12:30~14:00
料金:大人1,200円 子供(3歳~小学生)600円(税込み)

URL:https://yu-do100.jp/hotsprings/40a/

  • 宿泊
  • 日帰り

火の谷温泉 美杉リゾート 温泉

自然豊かな美杉リゾートは、近鉄線、榊原温泉口駅からシャトルバスで25分の場所にある。良質な天然水を使用し地元の酒米や大麦・小麦も使う「火の谷ビール」は、国際ビール品評会で銅メダルを受賞する実力派。ラガーを中心に常時3〜4種類を若手兄弟2人が醸造する。ここでは新鮮なクラフトビールと上質な湯を同時に楽しむことができる。

〒515-3421 三重県津市美杉町八知5990
TEL : 059-272-1155
URL :https://www.misugi.com/
宿泊料金:13,600円〜(1泊2食付き、2名1室の1名料金)
貸切風呂:¥3,000(45分/税抜)
大浴場 :日帰り入浴も可。料金 1,000円(人/税抜)※夏季は1,600円(人/税抜)

URL:https://yu-do100.jp/hotsprings/39a/

  • 宿泊
  • 日帰り

池澤湯 銭湯

忍者の里・三重県伊賀の風情ある街並みに佇む、昔ながらの銭湯。壁画は、三重で唯一のペンキで描かれた富士山。朝日が昇るときに赤く照らされる富士山を表している。湯あがりのおいしい伊賀・立岡牛乳は乳脂肪分が多く濃厚な味わい。池澤さんが経営する「うどん屋池澤湯」では、立岡牛乳を使った「霧隠れうどん」が看板メニュー。

〒518-0846 三重県伊賀市上野愛宕町2892-4
TEL : 0595-21-4606
URL : http://www.udonya-ikezawayu.com/bath/
料金 :一般400円
時間  :15:00〜21:00(当面の間は、13:00〜19:00)
定休日:水曜

URL:https://yu-do100.jp/publicbath/38a/

  • 日帰り

塩湯 銭湯

大分市内からクルマで南下すること1時間。豊後水道に面した漁師町に塩湯はある。透明度の高い海水をくみ上げ沸かした風呂で、塩分が汗の蒸発を防ぐので保温効果が高く、湯冷めしにくい。檜風呂のほか石風呂もあり、打ち湯・露天風呂・サウナも用意。併設の食事処で、地魚を豪快に使う海鮮丼が味わえるのも醍醐味のひとつ。

〒879-260 大分県佐伯市上浦大字浅海井浦2920-3
TEL : 0972-27-8309
URL : https://www.visit-oita.jp/spots/detail/5826
料金:一般500円
時間:10:00-23:00(日帰りのみ)
定休:水曜

URL:https://yu-do100.jp/homebath/37a/

  • 日帰り

ランプの宿 温泉

のと里山空港からクルマで80分、能登半島の最先端に佇む秘湯の宿。眼下に広がる日本海は、冬は荒々しいものの夏には一転、湖のように穏やかになる。「世界農業遺産」に登録された能登の豊かな食材を使った食事も魅力。写真(メイン)の貸切風呂「波の湯」は宿泊者であれば誰でも利用できる(要予約/有料)。

〒927-1451 石川県珠洲市三崎町寺家10-11
TEL : 0768-86-8000
URL : http://lampnoyado.co.jp/
宿泊料金:¥22,150〜(1泊2食付/税込)
貸切風呂料金:¥3,000(50分)

URL:https://yu-do100.jp/hotsprings/35a/

  • 宿泊

ちょうなん西小の湯 その他

人口が8千人に満たない千葉県長南町の長南西小が廃校になったのは2017年。その翌年、仕事探しの「マイナビ」が町から校舎を借り受け、団体向けの宿泊施設として運営を始めた。20人程度からの貸し切り利用が基本だが、一人およそ4000円で宿泊できるとあって、企業研修や大学のサークル合宿の場として重宝されている。小学校の面影がそのまま残されている。教室が浴室になっており、一人ずつ入る樽風呂と、大勢で入る四角い家族風呂の二種類の浴室が用意され、総檜で贅沢に仕上げられている。

〒297-0145 千葉県長生郡長南町佐坪1348-1
TEL : 0120-154-244
URL : https://chonan-nishisho.jp/
【料金】
1泊1名¥4,400〜(20名以上/税込)
1泊1団体¥110,000〜(20名未満の場

URL:https://yu-do100.jp/homebath/34a/

  • 宿泊

大正湯 銭湯

大正浪漫を今に伝える和洋折衷様式の建物として「函館市景観形成指定建築物」に認定されている「大正湯」。函館の港から伸びる坂道の途中に佇むこの銭湯は、たった一人の女性によって守られている。創業は大正3年。昭和3年に建て替えられ、現在の姿となった。祖父が手掛けた番台には、船大工の仕事ゆえ釘は一本も使われていない。外観は、当初はくすんだ緑色だったが、戦争が終わった頃、街に少しでも明るさを取り戻したいという二代目の想いからピンクに塗り替えられたという。入り口は雪国ならではの二重構造。暖簾の位置は屋外に出さず、開店中でも外扉の内にある。

〒040-0056 北海道函館市弥生町14-9
TEL : 0138-22-8231
URL : http://www.kita-no-sento.com/sento/302/
営業時間:15:00〜20:00
定休日 :月・金
料 金 :大人450円、小学生140円、乳幼児70円
駐車場 :無

URL:https://yu-do100.jp/publicbath/33a/

  • 日帰り

滝野川 稲荷湯 銭湯

千鳥破風の屋根で戦前の面影を残すレトロな外観。玄関に「わ」の板がかかると営業中であることなど、江戸の銭湯文化が残る。映画「テルマエ・ロマエ」のロケ地になったことでも知られている。2015年に浴場を全面改装したが番台は昔のまま。綺麗で清潔ながら、懐かしさも残る銭湯に、毎日訪れる常連客も多い。

〒114-0023 東京都北区滝野川6-27-14
TEL : 03-3916-0523
URL :https://www.1010.or.jp/map/item/item-cnt-560
料金 :一般470円
時間  :15:00〜25:15
定休日:水曜
アクセス:都営三田線「西巣鴨」駅下車、徒歩6分
     埼京線「板橋」駅下車、徒歩6分

URL:https://yu-do100.jp/publicbath/31a/

  • 日帰り

酸ヶ湯温泉 温泉

青森空港から車で1時間、青森県の中央にそびえたつ八甲田山に酸ヶ湯はある。手負いの鹿が湯に浸かり、驚くスピードで傷を癒したことから「鹿湯」が名前の由来という説もある。卓越した効能と豊かな湯量などが認められ、1954年に「国民保養温泉地第1号」に指定された。泉質は、酸性の強い硫黄泉で、療養に適した温泉。版画家の棟方志功もこの湯を愛し、湯治をしながら作品を制作した。

〒030-0197 青森県青森市荒川南荒川山国有林酸湯沢50番地
TEL : 017-738-6400
URL : http://www.sukayu.jp/
料金:一般1,000円(立ち寄り・タオル付)
時間:07:00〜18:00(うち、08:00〜09:00は女性専用時間)

URL:https://yu-do100.jp/hotsprings/30a/

  • 日帰り

Zenagi その他

「心を静めて身体を動かす」をテーマにした、わずか3室、定員12名のホテル。棚田を見おろず高台に移築された古民家には、静謐な空気が漂っている。一方で、モダンなインテリアが見事に調和しており、センスの良さを随所に感じられる。季節に応じたアクティビティが用意され、経験豊富なガイドたちがサポートする。各部屋には趣の異なる檜の風呂を配置。南木曽ならではの特別な体験ができる宿。

〒399-5303 長野県木曽郡南木曽町222
URL : https://zen-resorts.com/
料金:¥120,000〜(1泊3食、1体験付き、1人あたりの料金/サービス料、税別)

URL:https://yu-do100.jp/homebath/29a/

  • 宿泊

ホテルアレグリア ガーデンズ天草 温泉

熊本県の天草市にあるリゾートホテル。有明海を見下ろす高台に建ち、窓を開ければ心地よい海風が頬を撫でる。家元がプロデュースした最上階の一室「トップテラス501」。テラスに設置されたジャグジーでは、昼間は空と海の境界線が分からないほどの青を眺めながら湯に浸かれる。温泉はホテルが1千メートル掘削して湧き出た源泉を使用。pH値が約8.3と高めで、肌触りの良さが特徴。壺をかたどったような「森の湯」や海を開放的な気分で見られる「海の湯」もおすすめ。

〒863-0001 熊本県天草市本渡町広瀬996
TEL : 0969-22-3161
URL : https://hotel-alegria.jp/
【料金】(2名1室利用時の1名2食付料金)
・トップテラス501 ¥33,000〜
・スタンダード ¥15,400〜

URL:https://yu-do100.jp/hotsprings/28a/

  • 宿泊

guntû その他

「せとうちの海に浮かぶ、ちいさな宿」をコンセプトにしたクルーズ船、ガンツウ。平べったい船の上に旅館を建てたというイメージ。全19室の客室は4種類。全室が海を見渡せるテラス付きのスイートルーム。サウナと水風呂を備えた最後尾の共同風呂も素晴らしいが、極めつけは客室の露天風呂。木の優しい温もりに包まれた船内には、優しくゆったりとした時間が流れている。瀬戸内の新鮮な野菜や魚介をつかったお食事も魅力のひとつ。

〒720-0551 広島県尾道市浦崎町1364-6
TEL : 0120-489-321
URL : https://guntu.jp/
旅行代金:2泊3日間/ 1室2名利用の場合の1名あたり47万5000円~ 110万円(税・サ込、食事込) ※航路、プラン、客室によって異なる 

URL:https://yu-do100.jp/publicbath/27a/

  • 宿泊

世安湯 銭湯

熊本市の真ん中にある昭和5年創業の銭湯。隅々まで清掃が行き届き、湯は常に新鮮。鏡やカランには水ジミ一つなくピカピカに磨き上げられている。4つの浴槽は、40度、41度、42度、そして20度の水風呂。熊本の水は、阿蘇に降った雨が地中で20年濾過されて湧き出すのでミネラルが豊富で心地いい。超軟水を薪で焚いた美肌の湯・軟水風呂。

〒860-0823 熊本県熊本市中央区世安町448
TEL : 096-325-8348
URL : https://kuma1010.com/custom/378
営業時間:16:00〜22:00(最終入場 21:30)
入浴料金:大人(中学生以上)400円、小学生(中人)150円、乳幼児(小人)80円
定休日:火・水曜日
駐車場:有り(10台)
創業年:昭和5年

URL:https://yu-do100.jp/publicbath/26a/

  • 日帰り

東急ハーヴェストクラブ 京都鷹峯&VIALA 温泉

会員制リゾート。大自然の借景と素晴らしい日本庭園を有する「しょうざんリゾート京都」の一角に位置し、京都の中心部にしては珍しく天然温泉が湧いている。正面に見える鷹峯が花札の8月の絵札「芒と月」の舞台ということにちなみ、ホテルのモチーフは月。敷地内に湧出する天然温泉は、優しい湯あたりで「美肌の湯」と呼ばれる。写真の瞑想風呂がある「宙(Sora)」と、檜風呂がある「地(Kuni)」の2種類を有する。

〒603-8451 京都府京都市北区衣笠鏡石町47
TEL : 075-491-0109
URL : https://www.harvestclub.com
※会員制

URL:https://yu-do100.jp/hotsprings/25a/

  • 宿泊

五右衛門 その他

昔ながらの日本家屋、家の前には田んぼと畑と、いわゆる“古き良き日本の暮らし”を体験できる一棟貸しの農家民宿施設。宿の名前の通り、お風呂はもちろん五右衛門風呂。宿では野菜の収穫や、五右衛門風呂のための薪割りや火を付けたり、かまどで夕食を調理したりと、昔の日本の暮らしを体験できる。

〒601-0272 京都府京都市右京区京北下熊田町泓ケ2番地
TEL : 075-855-1700
URL : https://www.banja-kyoto.com/goemon
料金:素泊まり¥22,000〜(2名利用時の1室料金、サービス料込)

URL:https://yu-do100.jp/homebath/23a/

  • 宿泊

ANA インターコンチネンタル 別府リゾート&スパ 温泉

大分県初の外国ブランドホテル。異文化を融合させるべく、行政や地元の人の協力を得てコンセプトからつくり上げた。家族風呂の他に大浴場と巨石がふんだんに使われた露天風呂など風呂の種類も多彩。クラブルームとスイートにはプライベート露天風呂(内湯)も付く。日本旅館とは違う、ラグジュアリーな温泉を体感できる場所だ。

〒874-0041 大分県別府市大字鉄輪499-18
TEL : 0977-66-1000
URL :https://anaicbeppu.com/
客室料金:デラックスルーム 65,000円~(税サ込)
※料金はシーズンなどで変動します。

URL:https://yu-do100.jp/hotsprings/22a/

  • 宿泊

神勝寺 禅と庭の ミュージアム・浴室 その他

日常の立ち振る舞いも修行と考える禅寺では、入浴という行為も「心と体の垢を落とす」修行の一つ。1965年に建立された実際に使用され、かつ一般人の入浴が許されている貴重な浴室。浴室は檜風呂の「開山」と、竹林に囲まれた露天風呂「竹山」の2種類で、女湯と男湯は日替わりになる。この寺での1泊2日の宿泊禅体験では入山前に入浴を済ませ、体験を終えた後にも湯を浴びるという、入浴が重要な行事になっている。湯船からの景色を堪能したい場合は、平日午前中の訪問がいい。紅葉の美しい秋は特に混み合う季節だ。

〒720-0401 広島県福山市沼隈町大字上山南 91
TEL : 084-988-1111
URL : https://szmg.jp
拝観時間 9:00−17:00(最終受付は16:30まで)
拝観料 大人:1,200円学生(高校生以上):900円 中学生:500円
<浴室>
時間:10:00-16:00
入浴料:一般:800円 学生(高校生以上):600円 小中学生:400円

URL:https://yu-do100.jp/homebath/21a/

  • 宿泊
  • 日帰り

おゆのみや 温泉

フェニックス・シーガイア・リゾートの緑豊かな松林の中にある温泉施設「松泉宮」内にある湯道初の公認湯室「おゆのみや」。源泉掛け流しの塩化物強塩泉を味わい尽くせるよう、多くの職人の高度な技が集約されている。浴槽は、日本最高峰の左官・挟土秀平。天井には、宮崎を代表する日本画家・立山周平の桜と満月が描かれている。壁にかかっている「湯道温心」の軸は、京都の大徳寺真珠庵第二十七世住職の山田宗正の筆によるもの。籐籠は現代の名工・橋之口幹夫の作品。桶と椅子は、日南家具工芸社が宮崎県産の飫肥杉で作った。他にも手ぬぐい、湯呑み、グラス、かき氷スプーンなど、総勢12名の作品がこの湯室に詰まっている。

〒880-8545 宮崎県宮崎市山崎町浜山フェニックス・シーガイア・リゾート
TEL : 0985-21-1113(予約センター 09:00-18:00)
URL : https://oyunomiya.seagaia.co.jp/
利用は2時間制で、7時、15時、20時の1日3回。
定員2名。
【料金】
・クラブスイート宿泊プランご利用のお客様:無料/1棟
・クラブツイン宿泊プランご利用のお客様:5,200円(税込)/1棟
・一般宿泊プランご利用のお客様:6,500円(税込)/1棟

URL:https://yu-do100.jp/hotsprings/19a/

  • 宿泊

そわか その他

およそ100年前に建てられた数寄屋造りの料亭を大改修&増築して、全23室の和風ホテルを作り上げた。美しい緑を眺められる部屋や開放的なバルコニーのある部屋、茶室付きの部屋など、全ての客室の間取りが異なる。檜や鋳鉄、セラミックなどの素材も違えば、露天あり、はたまた室内に、など浴槽の設置場所も様々だ。ただ一つ共通しているのは、「23室全ての風呂が心地良い」ということ。

〒605-0821 京都府京都市東山区下河原通八坂鳥居前下ル清井町480
TEL : 075-541-5323
URL : https://sowaka.com/
料金:¥50,000~/室(税・サービス料別)

URL:https://yu-do100.jp/hotsprings/17a/

  • 宿泊

小杉湯 銭湯

創業は1933年。唐破風屋根の重厚な建物はそのままに、変わり風呂を備えた現代的な銭湯にリニューアルされている。浴槽は全部で4つ。名物のミルク風呂、ジェット風呂、泡風呂、水風呂。特に水風呂が素晴らしく、熱い湯と水風呂を行き来する「交互浴」の聖地となった。銭湯を街のコミュニティースペースにしたいと願うオーナーとボランティアで運営を支える銭湯好きの若者たちなど、スタッフの素晴らしさも魅力。

〒166-0002 東京都杉並区高円寺北3丁目32-2
TEL : 03-3337-6198
URL : http://www13.plala.or.jp/Kosugiyu/
営業時間:15:30-25:45(日曜は朝8時より営業)
定休日:木曜日
入浴料金 大人460円、中人180円(小学生)、小人80円(幼児)

URL:https://yu-do100.jp/publicbath/16a/

  • 日帰り

星野温泉 トンボの湯 温泉

星野リゾートの星野佳路代表の曾祖父にあたる星野国次は、温泉の脇を流れる「湯川」という名前から、この地に温泉が眠ることを信じ、15年の歳月をかけ湯を探し当てた。トンボの湯は、源泉かけ流しにこだわった立ち寄り湯。循環・加水をせず、毎日換水する。源泉は良質な軟らかい湯で、「美肌の湯」といわれる。ハルニレテラスから徒歩圏内で、食事やショッピングの合間に、気軽に立ち寄ることができる。

〒389-0111 長野県北佐久郡軽井沢町星野
TEL : 0267-44-3580
URL : http://www.hoshino-area.jp/archives/area/tonbo
営業時間:10:00-22:00(21:15 最終受付)
料金:一般 ¥1,350/ 子供800円(3才〜小学生)

URL:https://yu-do100.jp/hotsprings/15a/

  • 日帰り

ショウナイホテル スイデンテラス 温泉

庄内空港から車で約20分。田園風景の中に突如として現れるホテルは、まわりに広がる水田と、見事に調和している。雪国にしては珍しい大きな窓から、館内に陽光が降り注ぎ、明るくオープンな空間だ。四季折々の、庄内の魅力を楽しむことができる。設計を担当したのは、プリツカー賞も受賞している世界的建築家の坂茂さん。湯は1200メートルの地下から汲み上げる硫酸塩・塩化物泉。

〒997-0053 山形県鶴岡市北京田字下鳥ノ巣23-1
TEL : 0235-25-7424
URL : https://suiden-terrasse.yamagata-design.com/
スパは、宿泊者と会員のみ利用が可能。
料金 ¥19,000〜(1泊素泊まりの1名料金)

URL:https://yu-do100.jp/hotsprings/14a/

  • 宿泊

大洞窟の宿 湯楽亭 温泉

熊本県天草市の里中にある家族で経営している温泉宿。日本秘湯の会にも加盟している。弱アルカリ性の単純泉の白湯、塩化物・炭酸水素塩温泉の赤湯の二種類の湯に恵まれている。名物は、全長32メートルにも及ぶ大洞窟風呂。家族5人だけで、機械も一切使わずに掘り、洞窟を完成させた。

〒869-3602 熊本県上天草市大矢野町上5190-2
TEL : 0964-56-0536
URL : http://yurakutei.jp/
日帰り入浴料金:大人600円、小学生400円 2歳から6歳(小学生以下)300円
受付時間:10:00~15:00、18:30~20:00
宿泊料金:2名1室で1名あたり 8,800円(税込・入湯税150円別)~

URL:https://yu-do100.jp/hotsprings/13a/

  • 宿泊
  • 日帰り

御所の湯 温泉

城崎温泉の7つの外湯の中で家元が最も気に入った湯。京都御所を彷彿とさせる。檜風呂の内湯と岩風呂の露天が繋がっていて、その先には流れ落ちる滝が見える。ダイナミックな自然を狭い空間で上手く表現しながら、ミストサウナや座湯まで備えた公共浴場の傑作と言えるだろう。

〒669-6101 兵庫県豊岡市城崎町湯島448
TEL : 0796-32-2230
URL : http://www.kinosaki-spa.gr.jp/information/yumeguri/4.html
営業時間:07:00~23:00
定休日:第一・三木曜日
料金:大人800円、小人400円(小人は3歳から小学生)

URL:https://yu-do100.jp/hotsprings/12a/

  • 日帰り

おたっしゃん湯 (脇浜温泉浴場) 温泉

島原半島の海沿いに位置する小浜温泉は、奈良時代の肥前国風土記にも記されている古湯。1684年、島原藩主の松平忠房もこの泉質の良さに目をつけていたほど。とりわけ昭和12年に創業した「おたっしゃん湯」は激渋好きには堪らない共同浴場。あえて大きな改修は避けてきたので、昭和の時間がそのまま流れている。

〒854-051 長崎県雲仙市小浜町南本町7
TEL : 095-774-3402
URL : https://www.shimakanren.com/about/spot/detail.php?id=350
時間:8:00~21:00(日帰り入浴のみ)
料金:150円 ※取材当時の価格です。

URL:https://yu-do100.jp/hotsprings/11a/

  • 日帰り

山形座 瀧波 温泉

大正のはじめに山形の赤湯温泉に開かれた湯治の宿。地元の名宿と言われるまでに発展し、創業100年を機に大胆なリニューアルが施された。湯は源泉かけ流し。透明だが、硫黄を含む塩化物泉なので温まりやすく健康にもいい。

〒999-2211 山形県南陽市赤湯3005
TEL : 0238-43-6111
URL :http://takinami.co.jp/

URL:https://yu-do100.jp/hotsprings/10a/

  • 宿泊

鷹の湯温泉 温泉

秋田県湯沢市の「鷹の湯温泉」。秋田空港から車を走らせて1時間半、標高400mの山奥にあるまさに「秘湯」。冬には2メートル以上雪が積もることもある。無色透明の塩化物泉。冬には雪見風呂ができる。

〒019-0321 秋田県湯沢市秋の宮字殿上1
TEL : 0183-56-2141
URL : http://takanoyuonsen.web.fc2.com/
料金:(大人)650円 (子供)325円
営業時間(日帰り入浴):11:00-14:00
宿泊:客室数 17室

URL:https://yu-do100.jp/hotsprings/09a/

  • 宿泊
  • 日帰り

メムアースホテル その他

とかち帯広空港より車で約50分、5万6千坪の牧草地に点在する建物を利用したメムアースホテルは、「実験住宅に宿泊する」ことをテーマにした、新しい形態のホテルだ。現在は1日1組限定、1棟貸しという形態をとり、「北海道の自然環境との共存」を目指す。古墳のような共同浴場「コロボックル・ネスト」も大自然と同化できる特別な施設だ。

〒089-2113 北海道広尾郡大樹町芽武158-1
TEL : 01558-7-7777
URL : http://memu.earthhotel.jp

URL:https://yu-do100.jp/hotsprings/08a/

  • 宿泊

鯖湖湯 温泉

飯坂温泉は、秋保温泉、鳴子温泉と並ぶ奥州三名湯のひとつ。日本武尊が湯治をしたという伝説に始まり、鎌倉時代には西行法師、そして1689年には松尾芭蕉が訪れた。最古の共同浴場、鯖湖湯は美しいヒバの建屋に御影石の湯船を備える。源泉の温度は51度。PHは8.6のアルカリ性低張性温泉で、神経痛や筋肉痛などに効果がある。

〒960-0201 福島県福島市飯坂町湯沢32
TEL : 024-542-5223(共同浴場問い合わせダイヤル)
URL : https://www.iizaka-onsen.jp/
料金:一般 ¥200
営業時間:06:00-22:00(最終入館21:40)
休み:月曜(祝日の場合は水曜休)

URL:https://yu-do100.jp/hotsprings/07a/

  • 日帰り

陶泉 御所坊 温泉

江戸前期、日本全国の温泉を格付けした「温泉番付」なるものが作成された。西の大関に君臨していたのが「有馬温泉」。豊臣秀吉も愛し、9回も湯治に訪れたという記録が残っている。その秀吉を偲んで建てられた浴室付きの茶室が「陶泉 御所坊」内に存在する。16世紀の有馬の情景を再現した「離れの茶室付き湯殿 偲豊庵」。幽玄な空間を保つため、この浴場はあえて温泉ではなく、通常の湯を使用している。

〒651-1401 兵庫県神戸市北区有馬町858
TEL : 078-904-0551
URL : http://goshoboh.com/

URL:https://yu-do100.jp/hotsprings/06a/

  • 宿泊

あらや滔々庵 温泉

山代温泉は、外湯の湯めぐりも魅力だが、この宿には3つの浴場が用意されている。写真のお風呂は「原泉閣」。ナトリウム・カルシウム泉質のお湯は、腰痛や神経痛などに効能があるそうだ。浴室の右側の壁、および柱の絵は石川出身のアーティスト、眞壁陸二によるもの。

〒922-0242 石川県加賀市山代温泉湯の曲輪
TEL : 0761-77-0010
URL : http://www.araya-totoan.com/

URL:https://yu-do100.jp/hotsprings/05a/

  • 宿泊

黄金温泉 温泉

北海道のニセコの田園風景の中に突如出現する「黄金こがね温泉」。湯主はこの地で農家を営んでいた80才の林勝郎さん。儲けるための温泉ではない。人生の余暇を楽しむための場所。内風呂と露天風呂はたったひとりで作った。胎児の記憶が心地良さにつながるという持論から、露天にはあえて小さな浴槽を点在させている。

〒048-1323 北海道磯谷郡蘭越町黄金258-1
TEL : 0136-58-2654
料金:400円(日帰り入浴のみ)
営業時間:10:00~21:00(無休)
※冬季閉鎖 11月1日~4月30日

URL:https://yu-do100.jp/hotsprings/03a/

  • 日帰り

やまと旅館 温泉

熊本市中心部からクルマで約1時間、美しい田園風景が広がる平山温泉には15軒の宿がある。硫黄が含まれた泉質は評判で、浸かると肌がつるつるになる。豆腐屋から始まった「やまと旅館」は毎日、豆腐をつくり、熊本名物の馬肉なども提供する。離れは全部で3棟。24時間かけ流しの露天風呂が完備され、熊本の自然に身も心も癒やされる。

〒861-0556 熊本県山鹿市平山211
TEL : 0968-43-8255
URL : http://www.yamato-ryokan.jp/

URL:https://yu-do100.jp/hotsprings/02a/

  • 宿泊