湯道かばん

販売無

一澤信三郎帆布謹製の特注「湯道かばん」。
狐桶がぴったりはいる大きさに誂えてあり、
内ポケットには「湯」の象形文字がプリントされている。
持ち手と内ポケットは、オリーブと紺色の2色展開。

一澤信三郎帆布

profile [時代に遅れ続ける…1905年から変わらないものづくり]

一澤信三郎帆布のかばんは、1905年に京都東山で牛乳配達袋、酒袋、大工袋など
職人用の道具袋を作ったのが始まりです。
創業から115年以上を経た今も、ひとつひとつ職人が手づくりでかばんを作り続けています。

「良質な綿・麻帆布を使って、丁寧な仕事をすること」
「長くお使いいただくため、できる限り修理を引き受けること」
「京都で作って京都で売ること」

私たちの店は京都にひとつだけです。
自分たちの目の届く範囲で丁寧なものづくりをし、お客さまに直接かばんを販売する
「使い手の顔が見える商い」を心掛けています。

年齢や性別を問わず、長くお使いいただけます。
使い込むほどに変わっていく風合いをお楽しみください。
PREV ▶︎

牛乳瓶

陶芸家 辻村塊氏による初代湯道具。
風呂あがりに飲む牛乳から着想した陶器の牛乳瓶。